研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 先端マテリアル科学コース > 上村研究室[界面化学、高分子化学、ナノ構造化学]

上村研究室

キーワード
界面化学、高分子化学、ナノ構造化学

 物質と物質が接する境界(界面)では、目で見ることができない分子のレベルで様々な現象が起こっており、その界面での現象を利用して様々な材料(接着剤、フィルムなど)が作られています。
 上村研究室では、取り除きたい分子や選び取りたい分子を理解し、その分子たちが好む環境を作り出す、分子サイズ程度の厚さのプラスチックのシート材料(脱塩フィルムなど)を化学的に合成し、評価しています。

uemura1-1.jpg
▶走査型プローブ顕微鏡(上)とその顕微鏡で見た界面の分子(右)、実験中の学生の様子(左)

uemura2-1.jpg
▶合成中の学生