研究・産官学連携

ホーム > 研究・産官学連携 > 研究室紹介 > 造形・メディアデザインコース > 竹内研究室[構造最適化、数値解析、可視化]

竹内研究室

キーワード
構造最適化、数値解析、可視化

 製品の設計において、強度や剛性などの力学的な観点での性能評価は非常に重要です。強度や剛性が足りない製品はすぐに壊れてしまいます。しかし、製品の価値は力学的な観点だけで決まるものではありません。例えば、構造物としての「美しさ」など、全く違った価値観が求められることもあるでしょう。

 私たちは、様々な価値観を数理的に捉えて、理想の製品に近づけるための理論と計算方法を開発しています。

takeuchi1.png
▶「剛性」と「美しさ」を同時に考慮して最適化された構造物の例

takeuchi2.png
▶製品に使われるニット素材の数理モデル