研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 准教授 野々村 敦子

専門分野
空間情報工学
主担当コース
防災・危機管理コース
担当科目
空間情報解析学,測量学,防災情報科学

自己紹介・研究紹介

 災害時の被害を最小限に抑えるためには、事前に地域の地形を知り、起こり得る災害の危険性を知ることが必要です。災害後には、発生した事象を迅速に把握することが求められます。
 野々村研究室では地域の災害特性を知ること、災害後に被害を把握する方法の研究を行っています。リモートセンシングデータなど様々な地理空間情報を活用すれば、客観的な視点から地域の地理的特性を把握することができます。さらに、研究成果を実践的な防災対策に生かすことを目指して、地域の方々と協働した研究も行っています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 日本は地理的に見て自然災害が発生しやすい国で、これまでにも地震や大雨の被害を受けてきました。一方で、自然災害によって形成された地形が農業など地域の産業の基盤になっているケースも多々見られます。私たちは、自然と共生することで豊かな生活を築いてきています。
 このことから、私達が住む地域の地形を知ることで、はじめて自然と共生した生活が可能となります。防災・危機管理コースでは、自然を敵に回して防災対策を考えるのではなく、地域の強みと弱みを知り、自然との共生を目指して、地域に合った防災減災対策を考えることが出来る技術者の育成を目指しています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス nonomura[★]eng.kagawa-u.ac.jp
※[★]を@に置き換えてください。