研究・産官学連携

香川大学 創造工学部 講師 竹之内 健介

専門分野
災害情報,災害リスクコミュニケーション(コミュニティ防災・防災教育)
主担当コース
防災・危機管理コース
担当科目

自己紹介・研究紹介

 気象防災の研究者、気象予測を行う気象予報士として、特に気象災害を対象に、地域や学校などの研究フィールドと連携しながら、災害情報や災害リスクコミュニケーションに関する研究を行っています。
そこに住む人々にとって大切なもの、災害情報が伝えたいもの、地域防災が果たす役割、これからの地域社会と災害情報がどのように連携し、どのような災害リスクコミュニケーションを形成していくか、その可能性は大きく、そして複雑さを極めます。
最先端の予測技術や観測技術と連携しながら、あなたの町、ローカルな社会から日本・世界における未来の災害情報システムを探求・提案しています。

Message
-受験生の皆さんへ-

世の中のさまざまな災害情報に関心のある人、コミュニティで地域の方と防災に取り組んでみたい人、防災教育を考えたり・やってみたい人、気象災害の被災地に関心がある人、気象予報士になりたい人、空が好きな人、welcomeです。
ただし、「災害」に関わる研究者として、その思いを叶えるためには、努力と責任感が非常に大切です。研究を通じて、災害から人を守りたい、そんな真剣な思いで研究に取り組みたい人は、ぜひ門をたたいてください。
研究を通じて、社会調査手法、データ処理やシミュレーション、ワークショップなどの企画・調整能力などを身につけることができます。

research map https://researchmap.jp/ktakenouchi
個人ホームページ  
E-mailアドレス takenouchi.kensuke[★]kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。