危機管理先端教育研究センター

危機管理先端教育研究センター長挨拶

hasegawa2 (2).JPG 令和2年4月より四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構 副機構長並びに危機管理先端教育研究センター長を拝命いたしました長谷川 修一です。

 本研究センターは大規模化・広域化する自然災害、多様化・複雑化する人為災害に対して、災害の規模・種類を問わず一つの組織行動原則(オールハザードアプローチ)のもとに対応するために関連する基礎研究の推進と拠点形成、並びに適切な判断・意思決定のもとに迅速に対処できるレジリエンスサイエンスリーダーの育成を目指しています。

香川大学 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構 副機構長
危機管理先端教育研究センター長 長谷川 修一

sentankyoiku.jpg

「危機管理先端教育研究センター」では、以下の8つのプロジェクトを推進します。

オールハザードアプローチに基づく危機管理教育プログラムの開発と基盤教育の実施[1] オールハザードアプローチに基づく危機管理教育プログラムの開発と基盤教育の実施

日本版オールハザードアプローチに基づいた教育プログラムを開発するとともに、全学部生・大学院生を対象とした文理統合型の危機管理教育を実施し、グローバルに活躍できるレジリエンスサイエンスリーダーを育成します。

防災士養成講座の推進(学部学生・社会人)[3] 防災士養成講座の推進(学部学生・社会人)

学部の学生および社会人の方に対して、それぞれ防災に関する知識を習得し防災士の受験資格を取得するための教育プログラムを実施しています。

ネクストプログラムの推進(学部学生)[5] ネクストプログラムの推進(学部学生)

一年生の時に防災士を取得した学生を対象に、より実践的な講義として防災ボランティア講座・実習を前期・後期の集中講義形式で実施しています。

レジリエンスサイエンス等減災基礎研究の実施[6] レジリエンスサイエンス等減災基礎研究の実施

レジリエンスサイエンス等減災基礎研究は、自然災害の被害軽減のための、理学、工学、医療ならびに社会科学を基盤とした学際領域の総合研究です。

mental1-5.jpg[7]自殺予防に向けたメンタルヘルス向上に関する研究プロジェクト

香川県民のメンタルヘルスにかかわる実態を調査し、自殺予防に携わる人材の質、量を向上するため、養成講座のカリキュラムを作成、教材開発等により持続可能な人材養成システムを平成22年度から2年間に渡り作成しました。事業終了後も自殺予防の学内教育体制を維持し、香川県における自殺予防への取り組みの継続発展に寄与する予定です。

ページの先頭へ戻る