研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 情報通信コース > 神野研究室[光通信ネットワーク、光ファイバ伝送システム、光スイッチングシステム]

神野研究室

キーワード
光通信ネットワーク、光ファイバ伝送システム、光スイッチングシステム

 普段、私達が使うスマートフォンは無線でネットワークにつながっていますが、その先はどうなっているのでしょうか?実はその先は、光ファイバと呼ばれるガラス繊維でできた通信ケーブルを流れる超高速光信号により世界中のコンピュータとつながっています。これを光ネットワークと呼びます。今後急速に発展すると考えられるIoTやAI/ビッグデータ解析、超高精細映像などにより、通信データ量はますます増加すると予想され、光ネットワークもさらに大容量で柔軟、経済的に進化させていく必要があります。
 神野研究室では、最先端の物理学や数学の知見に基づき、国内外の大学、研究機関と協力して、次世代の光ネットワークの仕組みを考え、光ネットワーク最適設計法から、光ノードシステム、光ファイバ伝送システム、光スイッチまで、幅広い研究を推進し、その成果を世界に向けて発信しています。

jinno1.jpg
▶光通信ネットワーク実験室の様子

jinno2.jpg
▶企業研究所との共同実験の様子