研究・産学官連携

高木研究室

キーワード
ソフトウェア工学

 ソフトウェアは我々の身の回りの様々な機械に組み込まれ、社会のインフラとしても重要な役割を担っています。より安心で便利な社会の実現には、ソフトウェアの開発技術の向上が不可欠といえます。
 高木研究室では、高品質のソフトウェアを効率的に開発するための仕様記述や設計、実装(コーディング)、品質管理などに関する新たな体系的手法を検討するとともに、それらを支援するツールの開発と評価を行っています。

takagi1-1.png
▶研究室の一風景