学部案内

ホーム > 学部案内 > コースの教育理念 > 先端マテリアル科学コース

先端マテリアル科学コース

1.教育理念

物質に対する化学や物理の理解を深めることは、マテリアル科学の基礎であり、安心・安全で持続可能な社会の実現と省エネルギー・省資源化に貢献する先端材料開発に不可欠です。先端マテリアル科学コースでは「環境材料化学」・「機械材料科学」・「光・電子材料科学」の三分野にわたる幅広い教育研究を実践します。さらに、多面的・全体的な視野を養うデザイン思考教育とマテリアルにかかわるリスクマネジメント能力を養う教育を採り入れて、地域や社会のニーズに応えながら未来の社会を構築する人材を育成します。製造業、化学、金属、素材メーカー、電気・電子部品等、様々な分野で活躍が期待されます。

2.コースの説明

先端マテリアル科学コースでは上記した教育理念を達成するために、以下の教育方針を掲げる。

①材料工学に関する基礎的な知識の修得
数理的基礎および材料工学基礎を重視した教育を実施し、多方面に渡る幅広い材料工学の知識を修得するための基礎能力を養成することを目標とする。

②総合的な判断力の養成
専門知識の修得を目的とした教育、学際的視野に立った多面的な研究手法や考え方の教育を行うことにより、正しい倫理観を備え材料工学に対する総合的な判断力を養成することを目標とする。

③課題設定およびその探求能力と独創的創造力の養成
工学技術者の基礎的素養である課題設定およびその解決能力と「ものづくり」に不可欠な独創的な創造力を養成することを目標とする。

④コミュニケーション能力の養成と国際化への対応
わかりやすい発表ができるプレゼンテーション能力と発表に対して討論できるコミュニケーション能力を高めることを目標とする。国際的に活躍できるようにするために技術者が必要とする外国語教育を強化する。

3.学習到達目標(コースディプロマ・ポリシー)

先端マテリアル科学コースでは、教育理念・教育方針に従って、以下の学習到達目標の下にカリキュラムを編成する。

言語運用能力 ①総合的な情報処理能力、技術者に求められる正確な日本語能力、国際社会で必要な英語能力などを有し、全般的なコミュニケーションができる。
知識・理解 ②自然科学の基礎知識:数学、物理学、化学等の知識を有し、自然科学の基礎が理解できる。
③工学的基礎知識:必要な基礎物理学、材料科学、基礎化学の知識を修得し、材料創造工学における幅広い分野の基礎知識を応用できる。
④多角的思考基礎能力:人間、社会、科学、環境について文理融合した多角的な思考ができる。
問題解決能力・課題解決能力 ⑤材料創造の実践力:必要な応用化学・材料工学・応用物理学の知識を修得し、環境材料化学、機械材料科学、光・電子材料科学などの専門知識を実践の場で応用できる。
⑥先端マテリアル工学専門分野発展のための課題を探求し、基礎知識や専門知識を使って実験データを解析し、問題解決できる。
倫理観・社会的責任 ⑦倫理観・社会的責任を身につけた技術者として現代社会に貢献できる。
地域理解 ⑧地域の現状と課題に関心を持ち、自己と関連付けて、また先端マテリアル科学の視点から問題を発見し、探求することが出来る。