教育

ホーム > 教育 > インターンシップ

インターンシップについて

学生が在学中に、企業等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験(いわゆる「インターンシップ」)を行うことにより、学習意欲の喚起、自立心・責任感や高い職業意識の育成を目的として実施する。

授業科目の位置づけ

以下のように、正規の授業科目として単位認定を行う。

授業科目名単位数配当年次必修・選択
工学実務 2単位 3年次 選択
海外工学実務Ⅰ 4単位 3年次 選択
海外工学実務Ⅱ 2単位 3年次 選択

※海外工学実務Ⅱについては海外工学実務Ⅰの履修を前提とし、単独での履修はできないので注意すること。

内容

国内外の企業及び公共機関等の実際の業務を体験し、工学の意味や役割を理解する。実習は、自らの専攻、将来のキャリアに関連した機関を選択し、主に夏季休業期間中に実施する。実習終了後は、レポートを提出する。効果的な実習になるよう事前指導を行うほか、実施報告会を開催し、事後指導を行う。

実施計画

概要は、以下のとおりである。詳細については、別途掲示等により周知する。

  1. 時期・期間
    • 第3年次の夏季休業期間(主に8~9月)
      ※国外については、実習先の都合等により夏季休業期間以外の時期になることもある。
    • 実習期間は2週間(実働10日間)以上とする。
      ※国外については、約2ヶ月
  2. 実習先の決定
    • 国内については、毎年6~7月頃に実習企業等のリストを公表し、実習希望者の募集を行う。実習先は、7月頃に決定される。自らインターネット等で実習企業等を探しても良い。ただし必ず結果を届けなければならない。
    • 国外については、実施前年度の12~1月頃に公募を行い、学業成績、英語等の国際コミュニケーション能力について審査し、派遣候補者が決定される。