技術交流協力会トップページへ 香川大学トップページへ
技術交流協力会について
技術交流協力会(KING)ってなに?
目的と構成は?
会員のメリットは?
総会について
加入申込・お問い合わせ
技術交流グループ活動一覧
光学計測
マイクロマシーン
プロジェクトマネジメント
コンクリート構造物の耐久性評価
海域環境保全
低温乾燥農産食品
バイオマテリアル工学
産業廃棄物リサイクル研究会
野生資源食材開発グループ
活動終了した過去のグループ
 
 
海域環境保全技術交流グループ
グループの説明
  各種開発に伴う海域(特に、瀬戸内海の様な閉鎖性海域)の環境変化について、リアルタイムでのモニタリング技術、データ解析および定量的環境影響評価システムを開発し、今後の海域開発のあり方について検討する技術交流グループ  
                              
活動案内
    開催終了
平成28年3月31日(木) 10:00〜12:00
 参加者数10人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  時 間:10:00〜12:00(受付開始10:30〜)
演 目:「多孔質体を用いた水産資源生産力向上技術」
講 師:青木 響子 氏((株)サンクス 技術部設計担当)
詳 細:多孔質な構造を有する増殖基質を人工魚礁に適用し,実海域における放流
稚魚の保護・育成および藻場造成機能を評価した事例を紹介する.

 

 
   開催終了
平成28年2月26日(金) 10:00〜12:00
 参加者数14人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  時 間:10:00〜12:00(受付開始10:30〜)
演 目:「高層魚礁開発の流れと魚類増殖における人工構造物の役割」
講 師:高木 儀昌 氏(独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所
                生産システム開発G長)
 
 
   
  開催終了
平成25年11月21日(木) 14:30〜16:30
 参加者数13人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  講演:津波避難ビルの現状と課題
    

要旨:
全国の津波避難ビルの現状に対する調査と、その結果を踏まえての避難ビルが抱える問題や課題及び南海トラフ沿いの地域における避難ビル指定の現状、先進的な事例にみられる取組みについてご講演いただいた。
 
 

 

 
  開催終了
平成24年3月30日(金) 15:00〜17:00
 参加者数13人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  講演:漁港等の津波対策工法(防潮堤)の紹介
    山地 功二
氏(日本興業株式会社 開発部グループ長)
要旨:
東日本大震災における津波により東北地方の漁港は甚大な比被害を受けた。今後の発生が予想される、東南海および南海地震においても津波による被害が懸念されている。この津波への対策として、防潮堤の建設が全国的に行われている。本講演では、海水に対する高耐久性と施工の省力化を有する建設工法をご紹介いただいた。
 
 

 

 
  開催終了
平成24年3月22日(木) 15:00〜17:00
 参加者数11人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  講演:資源培養技術の高度化のための基盤(魚礁
    青木 響子
氏(株式会社サンクス開発部 開発担当)
要旨:
近年、日本の水産資源の自給率は減少の一途であり、食糧自給率の向上の観点からも問題となっている。また、瀬戸内海における漁獲量も大きく減少しており、その改善策が求められている。このような状況のなか、今後の水産事業の発展のためには、輸入魚ではなく、地元で生産が可能な高級魚の生産量の向上が必要である。代表的な高級魚である「キジハタ」に関して、栽培漁業における生産力の向上を目指した取組みをご紹介いただいた。
 
 

 

 
  開催終了
平成23年3月18日(金) 15:00〜17:00
 参加者数15人
香川大学社会連携・知的財産センター3階セミナー室(高松市林町2217-20・工学部キャンパス)
 
  講演:豊かな漁場に資する高機能型人工魚礁の開発について」
    君川
 佳司氏(魚礁開発メーカー勤務 開発担当)
要旨:
水産基盤整備事業に代表されるように、自国管理水域内での水産資源
   生産力向上技術が強く求められており、施策の中心をなしているのが
     人工魚礁である。しかし、人工魚礁設置後の影響範囲は、いわば点の
     効果でしかなく、投資金額に対して経済的とは言い難い。このため、
     水産資源生産力増強のために、構造物に流動制御機能を装備させ、影
     響範囲を広げて生物生息環境を整える技術開発が望まれている。
     講演では、自然エネルギー(潮流)を利用した流動制御機能と高い
     生物増殖を有する人工魚礁の開発を中心に、以下の内容で解説された。
       1.人工魚礁の分類と設置目的
    2.人工魚礁による漁場造成事業の概要
    3.魚類の分布様式と魚礁性 
    4.人工魚礁の基本機能と特殊機能
    5.対象魚種に適応する魚礁構造の検討
    6.事業による造成事例とその効果
 
 

  

 
  開催終了
平成22年12月1日(水) 16:00〜18:00
 参加者数20人
香川大学工学部 本館1階会議室(高松市林町2217-20)
 
  講演:瀬戸内海の水産資源と食文化について」
    
山本 義久氏(料理研究家)
要旨:
料理研究家と水産研究者の2つの顔を持たれている山本義久氏を講師に招いての講演
   会。瀬戸内海の水産資源と食文化の継承の取り組み、将来に向けての展望をユーモ
   アを交えてわかり易くお話いただいた。
      ※講演資料あり:会員様限定
 
     
  開催終了
平成21年9月18日(金)
 参加者数17人
香川大学 社会連携・知的財産センター 3階セミナー室
 
  講演:「新規水産資源生産力向上システムの開発」
    (株)環境形成研究所 技術部長
     星野 高士 氏
要旨:各種の水産関連事業に活用することを目的とした,
       1.殺菌・有害物質除去陸上飼育システム,
       2.波浪エネルギー吸収型生け簀,
       3.自然エネギーを利用した高性能魚礁の開発
   により,仔魚から成魚までの魚類の生残率を向上させ水産資源生産力の増大に
   寄与する低コストで環境にやさしい新規水産資源生産力向上システムについて
   講演しました。
   なお,本プロジェクトは,平成21年度経済産業省の「地域イノベーション創出
   研究開発事業(地域資源活用型)」に採択されています。
 
     
  開催終了
平成19年12月5日
 参加者数13人
香川大学 社会連携・知的財産センター 3階セミナー室
 
  要旨:株式会社 環境形成研究所、星野高士氏による「新しい漁場・漁村づくりとその計画・評価のための工学的アプローチについて」の講演。
まず、講師が手がけている新しい漁場・漁村づくりの事例紹介が 3件あった。
環境問題と地域振興に重点をおき、地域の特産品を利用したり、環境に配慮しなるべく負荷をかけない新しい漁場を形成したり、地域と何年も話し合いを重ねてコンサルティングしている。
次に環境問題をクリアするのに必要な工学的アプローチについての具体例が紹介された。GISデータベース化、数値シミュレーションによる分析期評価、衛星データを用いたモニタリングシステムの確立など、水産業が第一次産業から脱皮するには、様々な工学的研究が必要であることがわかった。質疑応答も活発に行われ、盛会であった。
 
過去の活動案内
  平成19年以前の活動一覧 平成19年以前の活動一覧      
Copyright(C) 2008 Kagawa University. All Rights Reserved.