ニュース

ホーム > ニュース > 研究情報 > 三木信彦教授と株式会社STNetによる「プライベートLTEシステム」実証実験を実施します。

三木信彦教授と株式会社STNetによる「プライベートLTEシステム」実証実験を実施します。

三木信彦教授(創造工学部情報通信コース)と株式会社STNetが共同で、令和元年12月 ~ 令和2年12月(予定)にかけて、免許不要の周波数帯である1.9GHzを用いるTD-LTEに準拠したsXGP(shared eXtended Global Platform)方式に対応した自営用の無線通信ネットワーク「プライベートLTEシステム」の実証実験を実施します。プライベートLTEシステムは、Wi-Fiのように比較的簡単に構築でき、LTE方式を用いる市販のスマートフォンが通信デバイスとして活用できるなどの特徴があります。また、自社専用の無線通信ネットワークとなることから、高い秘匿性を有し、公衆網の輻輳などの影響を受けないという特徴もあります。

 今回の実験では、このような特徴を持つプライベートLTEシステムに関するノウハウを得ることを目的に、香川大学キャンパス内に同システムを構築し、伝搬特性を調査するとともに、通信料が必要な公衆網を介することなく、スマートフォンから大学内のコンテンツにアクセスしたり、学生同士での通話を想定した実証実験を行います。本学が実験のフィールドを提供するとともに、本学と株式会社STNetが共同で実験用システムの構築等を行います。


【プライベートLTE利用中のスマートフォン】

学部紹介