教育・研究

法学部の教育

 香川大学法学部は、創設以来、法学教育を通じて人間形成のプロセスを支援・推進し、学問に触れる喜びを伝え、自ら「考えるカ」=問題発見・解決能力を育むことに努めてきました。また、卒業生が法学的素養をもち、経済や政策領域にも明るい職業人として、社会の各分野で活躍することはもとより、生涯にわたり自主的に学び続け、活力と自尊心をもって変化著しい時代に対処する力を洒養することを目的としてきました。

 近時の国際的な経済的・政治的情勢の急激な変化に伴い、我々を取り巻く環境においても多様な価値観が交錯する中で、法学・政治学が果たすべき役割は従来よりも大きくなっているといえるでしょう。香川大学法学部では、そうした社会状況に鑑み、公的市民の育成、法学・政治学的素養を備えた専門職業人の養成をめざしています。

 また、本学に創設された四国グローバルリーガルセンターと連携して、法実務に関連するセミナーの開催、外国人研究者の招聘など、様々な法学教育・研究に関連する活動も行なっています。

ページの先頭へ戻る