研究・産官学連携

ホーム > 研究・産官学連携 > 研究室紹介 > 機械システムコース > 堤研究室[交通参加者の行動分析、ヒューマン・マシン・インタフェース、シミュレータ]

堤研究室

キーワード
交通参加者の行動分析、ヒューマン・マシン・インタフェース、シミュレータ

 事故のない、安全で快適な移動を考えるため、ドライビングシミュレータでの走行データや、実路でのドライブレコーダでの記録情報を用いて、運転する人や、歩行者や自転車など他交通参加者の行動分析を行っています。
 分析した結果を活用し、モデル化技術、シミュレータ技術等を用いて、運転の危険性・安全性の評価や、人の好みにあわせられる運転、操作・情報提示インタフェースについて実験・検討を行っています。