研究・産官学連携

ホーム > 研究・産官学連携 > 研究室紹介 > 情報通信コース > 武田研究室[知能情報回路工学、ニューロモーフィックハードウェア]

武田研究室

キーワード
知能情報回路工学、ニューロモーフィックハードウェア

 当研究室では、主にFPGAなどを用いてニューロモーフィックハードウェアに関する研究を行っています(図1)。例えば、具体的には次のようなテーマに取り組んできました。
●ニューロンやそのネットワークの電子回路モデルに関する研究
●生物の仕組みに学んだロボット歩行制御回路に関する研究(図2)
●聴覚系の非線形特性を考慮した人工内耳に関する研究
これらのテーマを足がかりに、学生の皆さんの興味に応じた方向に展開していければと考えています。

takeda1-1.jpg
▶図1:ニューロモーフィックハードウェアとその効率的な実装

takeda1-2.jpg
▶図2:中枢パターン生成器モデルのロボット歩行制御への応用