組織と沿革

組織

法学部法学科の昼間コースは卒業生の進路との関係を明確にするために、「法律職コース」「公共政策コース」「企業法務コース」の3つの履修コースを設け、時代の要請に即応した、学際的な研究教育組織を整備しています。
また、働きながら学ぶ方々を対象として夜間主コース(総合法政コース)が設置され、幅広い年齢層の社会人の期待に応える体制をとっています。さらに法学部の専門教育の補完・深化を目的とした大学院法学研究科(修士課程)も設置されています。

沿革

法学部は、1981(昭和56)年4月に、香川大学四番目の学部として、経済学部に置かれていた経済法学コースを母体として設置されました。現在、全国に15ある(旧)国立大学の法学部のなかで、本学部は最も若い法学部です。さらに、1985(昭和60)年には大学院法学研究科(修士課程)が設置され、現在に至っています。

 1981(昭和56)年  香川大学経済学部経済法学 コースを母体として法学部が発足
「行政・司法」、「企業法務」の2コース制をとる
 1985(昭和60)年  大学院法学研究科(修士課程)を設置 
 1995(平成7)年  夜間主コース設置・編入学制度を導入
「法律」、「企業法務」、「公共政策」の3コース制に再編
 2001(平成13)年  夜間主コースに編入学制度を導入
 2004(平成16)年  香川大学・愛媛大学連合法務研究科の設置に伴い学部改組
「法律基礎」、「社会設計」の2コース制に再編 
 2016(平成28)年  卒業生の進路との関係を明確化
「法律職コース」、「公共政策コース」、「企業法務コース」の3コース制に再編
ページの先頭へ戻る