香川大学大学教育基盤センター

Higher Education Center


FDスキルアップ講座
特定のテーマを設定し、希望者を募って開催している少人数参加型の講座です。今年度取り上げるテーマは、「クリッカーで教育・研究が変わる」「大人数講義を魅力的にするテクニック」「初年次教育をアクティブに動かす方法」「学生の学びを促すためのシラバスの書き方」「基礎から学ぶ学習評価方法」「大学入門ゼミ・共通コンテンツの教え方シリーズ」などです。
                                  

PD研修会

教員と職員の協力連携をテーマとした研修を行っています。

SPOD研修プログラム

本学がコア校として加盟している「四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD)」によるプログラムです。他大学で受講できるプログラムの他に、本学で遠隔配信システムを使って受講できるものもあります。

 能力開発部では、学部の区別無く、香川大学のすべての教員の教授能力向上を目指しています。具体的には、全学共通FDの開発と実施・運営、学生による授業評価の実施、各学部におけるカリキュラムアンケートの実施、四国地区教職員能力開発ネットワーク(SPOD)におけるFDの所掌、香川大学におけるFDスキルアップ講座や学部ごとに実施されるFD情報の一元管理と周知、新任教員研修会や新任教員研修ワークショップの運営、教育経験三年未満の新任教員に対する研修プログラムの開発などを行っています。

能力開発部

能力開発部は、大学教育基盤センターの誕生とともに、2015年4月に発足しました。地域教育部やICT教育部とともに、本学におけるアクティブラーニングを支えています。その役割は、全学共通教育の枠を飛び越えて、全学部の教員の教授能力の向上に関わります。

  役割
 過去の研修会などの記録
全学共通教育の次年度実施に向けた研修会
例年12月初〜中旬に、次年度の全学共通科目担当者を中心に行っています。ここ数回は、全般的な課題の提示と、各テーマ別の分科会の二本立て形式で実施しています。

新任教員研修会
例年4〜5月に、新任教員を対象に、全学共通教育の仕組みや特徴についての情報提供などをおこなっています。併せて9月中旬に1泊2日の合宿型新任教員研修会を実施しています。授業担当をするにあたって、必要となる基礎的な知識と技術を学ぶことを目的とした実践型研修会です。



2009年以降の研修会の記録は、センターニュースに掲載しています。センターニュースは、「刊行物・資料」のページから閲覧することができます。
 刊行物・資料のページはこちら 




能力開発部の主たる業務は、以下のとおりです。

(1)ファカルティ・ディベロップメントの企画及び実施に関すること。
(2)学生による授業評価の企画及び実施に関すること。
(3)カリキュラム評価の企画及び実施に関すること。
(4)その他能力開発に関し必要なこと。
SPODおよびSPOD研修プログラムの詳細についてお知りになりたい方は左のボタンをクリックしてください。
SPODのホームページにジャンプします。
  活動内容

各学部や研究科単位で行われているFD活動に加えて、全学の教員を対象に、調査研究部が中心となって下記のような取組を実施しています。

 研修会・スキルアップ講座