○香川大学大学院工学研究科規程

平成16年4月1日

(趣旨)

第1条 香川大学大学院工学研究科(以下「研究科」という。)に関し必要な事項は、香川大学大学院学則及び香川大学学位規則に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的)

第2条 科学技術の各領域の進歩に寄与する専門性及び人間社会や地域および地球環境に与える影響を総合的に捉えうる学際性とを併せ持つ教育研究を行う。

2 従来の工学分野の枠組みにとらわれることなく、人間、社会、自然、人工物という工学の対象をグローバルな視点から正しく理解し、高い倫理観と多角的視点を持った新しい高度専門技術者を養成する。

(指導教員)

第3条 学生の専攻分野の研究を指導するため、学生ごとに、指導教員を置く。

2 研究科博士前期課程の学生の指導教員は、1人とする。

3 研究科博士後期課程の学生の指導教員は、主指導教員1人及び副指導教員2人以上とする。

4 主指導教員は、研究科専任の教員をもって充てる。

5 副指導教員について、研究科長が有資格者と認めた場合は、研究科以外の者を充てることができる。

6 指導教員の資格については、別に定める。

(授業科目及び単位数)

第4条 研究科における授業科目及び単位数は、別表1のとおりとする。

2 研究科の授業科目とみなして履修することができる他研究科の授業科目及びその単位数は、別に定めるところによる。

(履修方法)

第5条 学生は、前条に定められた授業科目について、別表2のとおり単位を修得しなければならない。

2 学生は、履修しようとする授業科目を、各学期の始めに指導教員の指示に従って選定し、研究科長に届け出なければならない。

3 学生は、他の研究科の授業科目を履修しようとするときは、研究科長を経て、当該研究科長の許可を受けなければならない。

(長期にわたる教育課程の履修)

第6条 研究科は、別に定めるところにより、学生が職業を有している等の事情により、香川大学大学院学則第34条に規定する標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する旨を申し出たときは、その計画的な履修を認めることができる。

(学位論文の提出)

第7条 学位論文は、指定の期日までに、指導教員の承認を得た上、研究科長に提出するものとする。

(教育方法の特例)

第8条 研究科における授業及び研究指導は、研究科教授会が教育上特別の必要があると認める場合は、夜間その他特定の時間又は時期において行う等の適当な方法により行うことができる。

(成績評価)

第9条 各授業科目の成績は、秀、優、良、可及び不可の評語をもって表し、秀、優、良及び可を合格とし、不可を不合格とする。

(追試験)

第10条 次の各号の事由により通常の試験に欠席した者に対しては、別に追試験を行う。

(1) 天災その他の非常災害

(2) 交通機関の突発事故

(3) 負傷又は疾病

(4) 3親等内の親族の死亡による忌引

(5) 就職試験の受験

(6) その他研究科において相当と認める事由

2 前項の規定による追試験の許可を受けようとする者は、欠席した試験が行われた日の翌日から起算して7日以内に、その試験に欠席した事由を証明する書類を添えて、研究科長に願い出なければならない。

(再入学者又は転入学者の在学年数及び単位の認定)

第11条 再入学又は転入学した者の再入学又は転入学以前における大学院の在学年数及び修得単位の認定は、研究科教授会において行うものとする。

(雑則)

第12条 この規程の実施に必要な事項は、研究科教授会が定める。

附 則

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日)

1 この規程は、平成17年4月1日から施行する。

2 平成16年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数並びに必修及び選択の別は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成18年4月1日)

1 この規程は、平成18年4月1日から施行する。

2 平成17年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数並びに必修及び選択の別は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成19年4月1日)

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

2 平成18年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数並びに必修及び選択の別は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成19年4月1日)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成21年4月1日)

1 この規程は、平成21年4月1日から施行する。

2 平成20年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成22年4月1日)

1 この規程は、平成22年4月1日から施行する。

2 平成21年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成23年4月1日)

1 この規程は、平成23年4月1日から施行する。

2 平成22年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数は、改正後の別表1の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成23年4月1日)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年4月1日)

1 この規程は、平成24年4月1日から施行する。

2 平成23年度以前の入学者に係る授業科目及び単位数は、改正後の別表1及び別表2の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成27年5月18日)

1 この規程は、平成27年5月18日から施行し、平成27年4月1日から適用する。

2 平成26年度以前に入学した学生については、なお従前の例による。

別表1(第4条関係)

安全システム建設工学専攻

(博士前期課程)

区分

授業科目

必修

選択

共通科目

応用数学特論Ⅰ

 

2

応用数学特論Ⅱ

 

2

エンジニアリングマネジメント

 

4

国際・技術戦略論

 

2

数値解析論

 

2

工学概論

 

2

工学英語

2

 

特別研修

 

2

海外特別研修Ⅰ

 

4

海外特別研修Ⅱ

 

2

専攻専門科目

水圏環境学

 

2

ウォーターマネジメント工学

 

2

コンクリート構造性能設計論

 

2

地震防災工学特論

 

2

地盤工学特論

 

2

構造信頼性工学

 

2

地質工学特論

 

2

緑地環境学特論

 

2

公共政策評価論

 

2

空間情報工学

 

2

都市解析論

 

2

交通計画学

 

2

環境基盤科学

 

2

特別研究

特別研究Ⅰ

4

 

特別研究Ⅱ

4

 

(博士後期課程)

区分

授業科目

必修

特別研究

特別研究Ⅲ

4

特別研究Ⅳ

6

信頼性情報システム工学専攻

(博士前期課程)

区分

授業科目

必修

選択

共通科目

応用数学特論Ⅰ

 

2

応用数学特論Ⅱ

 

2

エンジニアリングマネジメント

 

4

国際・技術戦略論

 

2

数値解析論

 

2

工学概論

 

2

工学英語

2

 

特別研修

 

2

海外特別研修Ⅰ

 

4

海外特別研修Ⅱ

 

2

専攻専門科目

自然言語処理

 

1

高度教育システム論

 

1

知識情報システム論

 

1

大規模データベース論

 

1

感性メディア信号処理

 

2

電子・情報工学ゼミナール

 

2

通信ネットワーク信号処理

 

2

コンカレントプログラミング論

 

1

システムソフトウェア特論

 

1

プログラミング・パラダイム

 

1

プログラミング言語意味論

 

1

ソフトウェアプロジェクト

 

1

組込ソフトウェア工学

 

1

光波応用工学特論

 

2

非線形システム工学

 

2

回路設計特論

 

2

量子電子工学特論

 

2

エネルギー電子工学特論

 

2

システム信頼性工学

 

2

システム最適化工学

 

2

セキュリティデザイン

 

1

情報セキュリティ特論

 

1

応用統計解析特論

 

2

ネットワークメディア論

 

1

マルチメディア処理論

 

1

ソフトコンピューティング

 

1

ビジュアライゼーション

 

1

情報処理特別演習

 

1

特別講義

 

2

特別研究

特別研究Ⅰ

4

 

特別研究Ⅱ

4

 

(博士後期課程)

区分

授業科目

必修

特別研究

特別研究Ⅲ

4

特別研究Ⅳ

6

知能機械システム工学専攻

(博士前期課程)

区分

授業科目

必修

選択

共通科目

応用数学特論Ⅰ

 

2

応用数学特論Ⅱ

 

2

エンジニアリングマネジメント

 

4

国際・技術戦略論

 

2

数値解析論

 

2

工学概論

 

2

工学英語

2

 

特別研修

 

2

海外特別研修Ⅰ

 

4

海外特別研修Ⅱ

 

2

専攻専門科目

知能画像計測

 

2

応用光学論

 

2

音声・音響信号処理

 

2

複合センサ制御

 

2

生体工学論

 

2

人間機械システム論

 

2

知能ロボット工学

 

2

医用応用工学

 

2

自動車運動制御論

 

2

機械信頼性

 

2

解析シミュレーション

 

2

マイクロテクノロジー

 

2

マイクロプロセス工学

 

2

連続体力学

 

2

マイクロシステム設計実務

 

2

工業画像処理

 

2

Advanced Signal Processing

 

2

動的システム制御論

 

2

感性情報処理

 

2

特別講義

 

2

特別研究

特別研究Ⅰ

4

 

特別研究Ⅱ

4

 

(博士後期課程)

区分

授業科目

必修

特別研究

特別研究Ⅲ

4

特別研究Ⅳ

6

材料創造工学専攻

(博士前期課程)

区分

授業科目

必修

選択

共通科目

応用数学特論Ⅰ

 

2

応用数学特論Ⅱ

 

2

エンジニアリングマネジメント

 

4

国際・技術戦略論

 

2

数値解析論

 

2

工学概論

 

2

工学英語

2

 

特別研修

 

2

海外特別研修Ⅰ

 

4

海外特別研修Ⅱ

 

2

専攻専門科目

生命材料科学

 

2

表面機能制御

 

2

新世代構造材料

 

2

微細構造解析

 

2

無機材料合成プロセス

 

2

電子機能材料物性特論

 

2

計算機材料設計学

 

2

光機能材料物性特論

 

2

量子力学特論

 

2

分子工学

 

2

光・電子材料プロセス工学

 

2

光・電子材料評価学

 

2

分子機能工学特論

 

2

材料合成学

 

2

結晶格子欠陥論

 

2

機能性無機材料

 

2

特別講義

 

2

特別研究

特別研究Ⅰ

4

 

特別研究Ⅱ

4

 

(博士後期課程)

区分

授業科目

必修

特別研究

特別研究Ⅲ

4

特別研究Ⅳ

6

別表2(第5条関係)

授業科目区分及び授業科目等

修了要件単位数

博士前期課程

博士後期課程

専門基礎科目

6単位以上

専門科目

12単位以上

特別研究Ⅰ

4単位

特別研究Ⅱ

4単位

特別研究Ⅲ

4単位

特別研究Ⅳ

6単位

合計

30単位以上

10単位

(備考) 博士後期課程において、博士前期課程で開設する専門基礎科目及び専門科目を履修することができる。ただし、未修得の授業科目に限る。

香川大学大学院工学研究科規程

平成16年4月1日 種別なし

(平成27年5月18日施行)

体系情報
第10編 学部等/第7章 大学院
沿革情報
平成16年4月1日 種別なし
平成17年4月1日 種別なし
平成18年4月1日 種別なし
平成19年4月1日 種別なし
平成19年4月1日 種別なし
平成21年4月1日 種別なし
平成22年4月1日 種別なし
平成23年4月1日 種別なし
平成23年4月1日 種別なし
平成24年4月1日 種別なし
平成27年5月18日 種別なし