21世紀源内ものづくり塾

ご挨拶

 平成20年10月、香川大学が開設した「21世紀源内ものづくり塾(以下源内塾)」は、25年度から香川県産業成長戦略の産業人材創出支援事業として、再出発します。

 源内塾は、香川におけるものづくり企業の明日を担う人材を育成するため、単に技術にかかわるだけでなく、マーケティングやビジネスプランの作成等経営マネージメントも養成する実践的なプログラムにより、「売れるものづくり」が企画・開発できる若手リーダーを育成します。

 25年度からは、従来の研究開発部門だけでなく、次代の経営を担う人材(ものづくり分野、ベンチャーを含む)、イノベーションの原動力となる人材、健康関連製品の開発を目指す人材(文部科学省、地域イノベーション戦略支援プログラム「かがわ健康関連製品開発地域」)など香川のものづくり企業全般に対象を拡大します。

 また、育成する体制も、「地域で必要な人材は、自前で育成する」を基本に、香川大学を中心に、香川高等専門学校、徳島文理大学、香川県立保健医療大学といった香川県内の自然科学系の大学と高専が連携し、香川の知の総力を結集して育成します。

 そして、育成にあたっては、従来の「座学」、「課題研究」、「技術経営」といった2年間の育成システムを基本に、「自ら学ぶ場」の提供を通じ、受講者が「教えられる」という受け身でなく、主体的に取り組むことを基本に育成します。

 具体的には、座学による集合教育をはじめ、マンツーマン方式の指導教員との面談、ゼミ形式のグループディスカッション等多様な育成手法により、問題を発見し、それを概念化する手法を学び、それらを解決する能力を徹底して鍛え、2年の育成課程が修了すれば「ものづくりマイスター」の称号を授与します。

 更に終了後には、企業で、また地域で一層活躍して頂くため、修了生による同窓会「源内OB会」という地域ネットワークにより塾生間で強固な絆を形成するなどして香川のものづくり産業の振興に貢献して頂きたいと考えています。

21世紀源内ものづくり塾 
塾長 合谷 祥一

塾長 合谷 祥一
topへ