社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家の養成を目指します。

活動内容



 第5回 防災・危機管理人材養成シンポジウム-「四国防災・危機管理特別プログラム」最終成果報告及び第3期生修了記念-
 を開催しました。

 2017年3月16日(木) 13:00~16:30
 会場:香川大学工学部 林町キャンパス 講義棟3301講義室
 広報用チラシ(pdfデータPDF

 主催:四国防災共同教育センター
 共催:香川大学危機管理研究センター 徳島大学環境防災研究センター
 後援:国土交通省四国地方整備局  

 本シンポジウムでは、今日までの四国防災・危機管理特別プログラムの成果報告を行うと共に、
馬場 俊孝 氏 (徳島大学大学院理工学部研究部 教授) をお招きして、
「南海トラフ巨大地震の備え ―津波予測の高度化―」と題して、特別講演をいただきました。
 香川県内外から、行政・医療関係者や大学関係者、自主防災組織、住民など、130名の方が参加され、
熱心に耳を傾けました。

 四国防災・危機管理特別プログラムの成果報告と社会人受講生の成果発表の配布資料は、下記から
ダウンロードできます。
  ●四国防災・危機管理特別プログラム成果報告
    白木センター長(配布資料PDF)
  ●災害対応マネージャーによる活動報告(配布資料PDF) 社会人受講生の成果発表(配布資料PDF)

       会場風景


      主催者挨拶
  香川大学副学長 藤井 宏史

      主催者挨拶
  徳島大学副学長 吉田 和文


       来賓挨拶
 四国地方整備局長 名波 義昭氏 


「南海トラフ巨大地震の備え ―津波予測の高度化―」
と題して講演いただいた馬場 俊孝 氏

四国防災・危機管理特別プログラム成果報告
白木センター長

社会人受講生の成果発表


 第4回 防災・危機管理人材養成シンポジウム-四国防災・危機管理特別プログラム第2期生修了記念-
 を開催しました。

 2016年3月16日(水) 13:00~16:30(開場12:30)
 会場:香川大学工学部 林町キャンパス 講義棟3301講義室
 広報用パンフレット(PDF

 主催:四国防災共同教育センター
 共催:香川大学危機管理研究センター 徳島大学環境防災研究センター
 後援:国土交通省四国地方整備局  

 本シンポジウムでは、今日までの四国防災・危機管理特別プログラムの成果報告を行うと共に、
井上 公夫 氏 (一般財団法人砂防フロンティア整備推進機構 技師長) をお招きして、
「四国等の海溝型地震による土砂災害について」と題して、特別講演をいただきました。
 香川県内外から、行政・医療関係者や大学関係者、自主防災組織、住民など、131名の方が参加され、
熱心に耳を傾けました。

 四国防災・危機管理特別プログラムの成果報告と社会人受講生の成果発表の配布資料は、下記から
ダウンロードできます。
  ●四国防災・危機管理特別プログラム成果報告
    白木センター長(配布資料PDF) 中野副センター長(配布資料PDF)
  ●社会人受講生の成果発表(配布資料PDF)

       会場風景


      主催者挨拶
  香川大学副学長 藤井 宏史


      主催者挨拶
  徳島大学副学長 吉田 和文


       来賓挨拶
 四国地方整備局長 石橋 良啓 氏 


「四国等の海溝型地震による土砂災害について」
と題して講演いただいた井上 公夫 氏

四国防災・危機管理特別プログラム成果報告
白木センター長     中野副センター長

社会人受講生の成果発表






    前半(51分)  /  後半(56分)




まなびーあ徳島(防災生涯学習コース)にて、 当センターの
松尾特命教授が「ローテク防災術」の講演を行いました


2014年2月21日(金),3月1日(土)

講演タイトル:過去の災害から学ぶローテク防災術

※この講座は、公益財団法人とくしま“あい”ラ ンド推進協議会の事業で,高齢者の方々を対象とした「自宅で受講できる講座」です。 

リンク:まなびーあ徳島








四国防災・危機管理特別プログラム 開設記念講演会
-災害対応に必要な日常連携と課題-

2013年4月17日(水) 13時30分~17時15分(開場 13:00)
会場:サンポート高松5階 第2小ホール
告知用パンフレット(

主催:四国防災共同教育センター
後援:国土交通省 四国地方整備局
:(公社)土木学会四国支部香川地区
:(公社)日本技術士会四国本部
:香川県技術士会

「四国防災・危機管理特別プログラム」の開設を記念して、四国防災共同教育センターの今後の活動内容等を地域の方々に紹介させていただき、
河田 惠昭 氏(関西大学理事 社会安全学部社会安全研究センター長・教授、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター長)、
近藤 久禎 氏(厚生労働省医政局災害医療対策室 DMAT事務局次長、国立病院機構災害医療センター 診療研究部 政策医療企画研究室長)
にご講演いただきました。

両先生には、備えの大切さと同時に、憂いの現実、救援活動の大変さなど多くの貴重なお話をいただきました。

香川県内外から、行政・医療関係者や大学関係者、自主防災組織、住民など約200名の参加があり、熱心に耳を傾けました。


「災害対応に必要な日常連携とネットワーク」と題して、
講演いただいた河田 惠昭 氏


東日本大震災におけるDMAT活動、
「被ばく医療活動における指揮調整の課題」と題して、
講演いただいた近藤 久禎 氏







四国防災・危機管理特別プログラム 開講式
2013年4月7日(日) 10時30分~11時

香川大学及び徳島大学では、香川県、徳島県の協力のもと、行政・企業人、医療関係者、教員など、地域防災を担う方々を対象として、社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家養成を目的とした「四国防災・危機管理特別プログラム」を新たに大学院に開設し共同実施します。4月9日からの授業開始に先立ち、本プログラムの開講式を行いました。TV会議方式で香川大学工学部、香川大学医学部、徳島大学工学部の3拠点を接続し、プログラムの概要や履修方法について説明を行いました。

※四国新聞で記事として掲載されました。







第1回 防災・危機管理人材養成シンポジウム
2013年3月28日(木) 14時45分~17時

本シンポジウムでは、四国防災・危機管理特別プログラム開講に先立ち、概要紹介をさせていただくとともに、香川大学国際交流協定校であるフィンランド ロバニエミ応用科学大学よりMr.Jari Soudunsaari、及び国土交通省 国土交通政策研究所より丸谷浩明氏を招聘し、招待講演を実施しました。

このページのトップへ