社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家の養成を目指します。

リスクコミュニケーション

■授業の目的
 リスクは不確実性をもっていることを踏まえ、リスクの捉え方と不確実性の評価、リスク情報とリスクに対する人びとの認知について学ぶ。それらを踏まえ、リスク対策の中でのリスクコミュニケーションの位置づけと多様な問題に言及し、課題事例等から考え方の理解を深める。

■授業の概要
 本講義では、リスクは不確実性をもっていることを踏まえ、リスクの捉え方と不確実性の評価、リスク情報とリスクに対する人びとの認知について学ぶ。それらを踏まえ、リスク対策の中でのリスクコミュニケーションの位置づけと多様な問題に言及し、課題事例等から考え方の理解を深める。

■キーワード:リスク、リスクコミュニケーション

■到達目標
 1.リスクコミュニケーションとは何かについて理解する
 2.リスクコミュニケーションの手法について理解する
 3.リスクコミュニケーションの実践事例を学ぶ

■担当教員(平成28年度)
 三上卓(徳島大学)、白木渡(香川大学)他

シラバス


授業No内容
リスクコミュニケーションとは何か
リスクコミュニケーションの設計法
リスクコミュニケーションの技法① アイスブレイク手法
リスクコミュニケーションの技法② ワークショップ①
マスメディアとリスクコミュニケーション
合意形成のためのファシリテーション
リスクコミュニケーションの技法③ 言語表現(理論)
リスクコミュニケーションの技法④ 言語表現(演習)
行政におけるリスクコミュニケーションの事例と課題
10企業におけるリスクコミュニケーションの事例と課題
11リスクコミュニケーションの技法⑤ ワークショップ②
12医療機関におけるリスクコミュニケーションの事例と課題
13教育機関におけるリスクコミュニケーションの事例と課題
14リスクコミュニケーションの設計演習①
15リスクコミュニケーションの設計演習②
16リスクコミュニケーションの事例発表+レポート試験

授業スライド例

授業スライド例1授業スライド例2授業スライド例3

授業スライド例4授業スライド例5授業スライド例6

授業風景

授業風景1授業風景2授業風景3

授業風景4授業風景5授業風景6

受講生への授業アンケート 平成25年度

あなたは総合的に判断して「リスクコミュニケーション」に満足していますか

授業アンケートグラフ

過去資料

平成25年度まとめPDF

このページのトップへ