社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家の養成を目指します。

危機管理学

■授業の目的
 危機管理(クライシスマネジメント)とは、危機を予防・回避し、災害に至った場合に損害を少なくするための措置をいい、これを実現するための学問を危機管理学という。ここでは危機管理のための基本的知識や手法を習得することを 目的とする。

■授業の概要
 本講義では、自然災害や人為的な事故等により国家、社会、組織、個人が致命的な状況に至ることを回避・予防し、 万が一被災した場合にも被害を最小限に止めるために必要な計画、行動基準等の策定方法や被災事例を事前対策に反映する手法について学ぶ。

■キーワード:危機管理、クライシスマネジメント、危機の回避・予防、減災

■到達目標
 1.危機管理の基礎知識を習得するとともに危機管理の手法について理解する。
 2.危機管理の実践事例を学ぶ。

■担当教員(平成28年度)
 白木渡(香川大学)、上月康則(徳島大学)他

シラバス


授業No内容
オリエンテーション/危機管理の枠組み
災害危機管理
危機管理と法体系
リスクマネジメントと危機管理
災害事例と危機管理(1) -自然災害と危機管理-
災害事例と危機管理(2) -環境災害と危機管理-
災害事例と危機管理(3) -医療災害と危機管理-
災害事例と危機管理(4) -産業災害と危機管理-
民間企業の事業継続計画(BCP)
10 地方自治体の業務継続計画(BCP)
11 災害時のボランティア活動
12 医療機関と社会福祉施設の業務継続計画(BCP)
13地域継続計画(DCP)
14災害心理学
15 化学物質管理制度における防災対策
16 レポート試験

授業スライド例

授業スライド例1授業スライド例2授業スライド例3

授業スライド例4授業スライド例5授業スライド例6

授業風景

授業風景1授業風景2授業風景3

授業風景4授業風景5授業風景6

受講生への授業アンケート 平成25年度

あなたは総合的に判断して「危機感理学」に満足していますか

授業アンケートグラフ

過去資料

平成25年度まとめPDF

このページのトップへ