社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家の養成を目指します。

教育継続計画(ECP)の策定と実践

■授業の目的
 自然災害発生時の教育継続計画(ECP)の策定方法を理解し、自らECPの策定ができる能力を修得する。さらに、効果的な防災教育手法とカリキュラム作成法について修得する。

■授業の概要
 自然災害発生時の教育継続計画に関する基本的な考え方を詳述するとともに、教育継続計画の策定方法について実務能力を持たせることを念頭に講述する。さらに効果的な防災教育方法やカリキュラムの作成法について講述する。

■キーワード:教育継続計画、ECP、防災教育

■到達目標
 1.大規模な自然災害が発生した時の教育継続計画の策定方法が理解できる。
 2.効果的で実践的な防災教育カリキュラムを作成できる。

■担当教員(平成28年度)
 中野晋(徳島大学)他

シラバス


授業No内容
災害時の教育機関の役割
学校防災管理マニュアル
地震災害に対するECP①
地震災害に対するECP②
風水害に対するECP
火災・その他のリスクに対するECP
支援学校におけるECP
災害時アクションカード
ECPの作成①
10ECPの作成②
11防災教育の方法①
12防災教育の方法②
13防災教育の方法③
14防災教育カリキュラム作成
15防災教育カリキュラムの作成実習
16防災教育カリキュラム発表会
このページのトップへ