HOME > インターンシップ

 インターンシップとは、企業など実際の職場において、ある一定期間そこでの仕事を体験してみることです。
言い換えれば、就業のプレ体験。もともとはアメリカで誕生した制度で、アメリカではほとんどの学生が在学期間中に体験し、就職先選びなどに役立てています。企業の業務に直接触れることは、一般的な会社説明会とは大きく異なる貴重な体験です。近年では、日本でも積極的に取り入れられている制度です。あなたのキャリア意識の形成にもつながるインターンシップ制度をうまく活用して、幅広い就職活動へとつなげていってください。

 香川大学では、皆さんのキャリア支援の一環として、下記のインターンシップ制度を準備しています。
 履修条件がそろえば単位認定する場合があります。

インターンシップ(体験型) 鍛えあげインターンシップ 実践型インターンシップ
従来より各学部(医学部を除く)で実施されているインターンシップです。(単にインターンシップと言った場合には、こちらの制度を指します。) 1~2週間程度、受け入れ企業で就業体験をします。 企業の中で日常業務を体験したり見学することで、その企業の業務内容を知ることができます。  また、それをとおして将来の自分を想像し、自らのキャリアプラン作りに活かすことができます。所属学部において、単位(2単位)が付与されます。
「鍛えあげインターンシップ」はキャリア支援センターが実施している新しいタイプのインターンシップです。学生が職場に入り込んだ体験をし、社会のリアリティに触れ、これまでの自分から「一皮むける」経験をすることをねらいとしています。
詳しくはこちら
平成18年度より本格的に始まったインターンシップです。 2週間~数ヶ月程度、受け入れ企業で問題解決に取り組みます。企業で実際に問題となっている課題に対して、参加する学生が大学で学んだ知識を活用し、担当教員のサポートを得ながら企業と一緒になって問題解決を行います。実社会で実績を積むことができ、かけがえのない経験となります。

 インターンシップ(体験型)は、サービス、福祉、金融・保険、卸売・小売、製造、建設等まんべんなく受入企業があります。のべ100を超える受け入れ企業に対し、全学で300人前後の学生が参加しています。
 実践型インターンシップの受入企業は、製造業等の企業で、企業の課題と学生の専門性を担当教員及びコーディネータがマッチングさせて実施するものなので、現在のところ企業数には限りがありますが、今後引き続き開拓していく予定です。

鍛えあげインターンシップは、こちらをご覧ください。
【NPO法人がんばる学生就職支援ネットワーク】
参加学生の声はこちら
受入れ企業リストはこちら

 各企業等からキャリア支援センターに、インターンシップ参加学生の募集案内が届いています。学部やキャリア支援センターで取りまとめて応募する場合は、学内応募締切日を設定していますので、所属学部担当又はキャリア支援センターにお問い合わせください。

香川大学に届いたインターンシップ実施企業



各学部の就職担当窓口に問い合わせる(香川大学)
  大学とつながりのあるインターンシップ先を用意しているので、紹介してもらいましょう。 (注)人数制限があります。

うどん県で働こうインターンシップ(香川県に拠点をお持ちの企業様限定)
  1年生や2年生でも参加可能なインターンシップや1日・2日といった気軽に参加出来る短期インターンシップ、冬季・春季のインターンシップなど、様々なタイプのインターンシップ情報を紹介しています。
受入企業等の詳細はLinkIconコチラ(学外サイト)から

企業のホームページをチェックする(一般)
  志望する企業がはっきりしている場合には、その企業のホームページをチェックします。

インターンシップ情報サイトを検索する(一般)
LinkIconjobナビかがわ 【主に香川県】
LinkIconキャンパスウェブ  【主に岡山県】(新規登録には、学生マスターID・学生マスターパスワードが必要になります。取得を希望する学生はキャリア支援センターにお問い合わせください。)
※その他、各就職支援サイトも検索してみてください。

●中国・四国地域連携事業・広域インターンシップをチェックする
LinkIcon詳細はこちら

 インターンシップに参加する場合は、保険の加入が必須です。加入方法については、所属学部担当又はキャリア支援センターにお問い合わせください。
 ※直接応募する場合でも、所属学部担当へその旨、届け出てください。