香川大学 国際希少糖研究教育機構

  • English
  • 日本語

希少糖生産技術部門

酵素・遺伝子関連分野

 全単糖の分子構造とその生成酵素の関連をリング状に体系化した「Izumoring」による希少糖生産戦略を基にして、各種希少糖の生産酵素の選抜、精製、遺伝子単離に向けた基礎研究を推進します。

Ken Izumori 2006. Izumoring: A strategy for bioproduction of all hexoses.

J. Biotechnol. 124: 717–722.

研究者

何森  健 研究顧問秋光 和也 機構長補佐
吉原 明秀 准教授望月  進 助教
加藤 志郎 助教

生化学分野

 希少糖生産酵素を中心に、各種糖代謝関連酵素のX線結晶解析で3次元構造を明らかにして、構造と機能に関する研究や、3次元構造情報を基に機能改変に向けた分子設計等の基礎研究を推進します。

Hiromi Yoshida, Mitsugu Yamada, Takeyori Nishitani, Goro Takada, Ken Izumori, Shigehiro Kamitori 2007. Crystal structures of D-tagatose 3-epimerase from Pseudomonas cichorii and its complexes with D-tagatose and D-fructose.

J. Mol. Biol. 374: 443-453.

研究者

神鳥 成弘 教授吉田 裕美 准教授
中北 愼一 准教授 

有機合成分野

 希少糖を中心とした各種単糖を有機化学的に修飾することで有効性を高める研究や、糖と有用化合物との化学的架橋により新規化合物を設計し、構造と機能に関する研究等の基礎研究を推進します。

Andreas F. G. Glawar, Sarah F. Jenkinson, Scott J. Newberry, Amber L. Thompson, Shinpei Nakagawa, Akihide Yoshihara, Kazuya Akimitsu, Ken Izumori, Terry D. Butters, Atsushi Kato and George W. J. Fleet 2013. An approach to 8 stereoisomers of homonojirimycin from D-glucose via kinetic & thermodynamic azido-γ-lactones.

Org. Biomol. Chem.11: 6886-6899.

研究者

ジョージ・フリート 客員教授リンビン・コン 助教
PAGE TOP