香川大学 微細構造デバイス研究開発センター
サイトマップお問合せ
ENGLISH
細胞化するMEMS
ホーム MEMS3.0 センター紹介 研究設備 研究紹介 産学連携・地域連携 アクセス

香川大学微細構造デバイス統合研究センターは、ナノ・マイクロ加工技術を活かして四国におけるMEMS研究開発拠点として、MEMSセンサ、マイクロ流体回路(マイクロ流路、マイクロTAS)を中心に研究開発しています。また、MEMSセンサ等の産学連携・地域連携での事業化(医工連携:内視鏡を中心とする医療分野、農工連携:植物工場を中心とする農業分野)を目指すとともに、バイオ・医薬品分野を中心とするサイエンス領域での研究を進めています。MEMS触覚センサ、細胞空間分画技術も注目されるMEMSです。香川大学発“細胞化するMEMS”は細胞に最接近して次世代のナノ・マイクロ分野を切り拓きます。
また、当センターは、企業,研究機関等に向けて研究設備を公開して利用していただいております。併せて技術相談も行っております。
当センターに設備利用を希望される方、ご相談・お問い合わせされる方は、こちらをクリックして下さい。



What's New
                                                                                   
2018/5/30 祝!寺尾副センター長が第7回新化学技術研究奨励賞を受賞しました。
詳細はこちら
2018/4/13 研究紹介「触覚センサ」を更新しました:毛髪のキューティクルの触覚計測を実証。
詳細はこちら
2018/4/10 祝!寺尾副センター長が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。
詳細はこちら

Backward

過去のトピックスはこちら。


香川大学MEMS技術シーズ
内視鏡MEMS 工連携 
医療用内視鏡MEMSセンサ ”超低侵襲内視鏡医療技術の実現に向けて”
植物 工連携 
農業用MEMSセンサ ”IoT農業・次世代植物工場の実現に向けて”
細胞 工連携 
MEMSマイクロ流路 ”1細胞・1分子操作解析技術の実現に向けて”

触覚MEMS 覚センサ 
MEMS触覚センサ ”手触り感、繊細なナノ触覚を定量化
細胞分画アレイ 細胞空間分画
MEMS細胞分画 ”「その場」で細胞をナノサイズ分割して保持・測定”
           
                
産学連携(装置利用)
            
inpla イオン注入装置(共用利用)
平成26年度よりイオン注入装置を稼働しております。
他装置と併せて、利用を希望される方はお気軽にご相談ください。
詳細はこちら。

link
香川大学微細加工プラットフォーム

香川大学

香川大学
 微細加工プラットフォーム

医工情報領域融合による
 新産業創出拠点

21世紀源内ものづくり塾

微細構造デバイス研究開発
 フォーラム