本学は、地域連携及び産学官連携体制の一層の強化を図るとともに、全学を挙げて組織的に対応するため、4月1日に「産学官連携統括本部(本部長:白木副学長)」(地域・産学官連携戦略室)を設置し、社会に広く知っていただくため、4月25日(水)に記者会見を行うとともに、戦略室の看板掛けを行いました。

 設置の目的は、企業や自治体等からの様々な相談やニーズ情報に対する窓口を一本化することにより、教育、研究、社会貢献等について、【組織】対【組織】として対応するとともに、情報の集約を行うことです。また、「産学官連携統括本部」は、迅速かつ的確に学内研究者チームの編成を行い、産官の関係機関とのマッチングを実施します。

 また、学内共同教育研究施設の再編を行い、「産学連携・知的財産センター」及び「地域連携・生涯学習センター」を設置し、これを「産学官連携統括本部」が統括します。さらに、学内向けには「地域・産学官連携戦略室(室長:白木副学長)」を設置し、地域・産学官連携戦略の基本方針の策定や、地域・産学官連携に関する情報収集、調査、分析を行います。学長直轄の同室による強力なガバナンス機能とマネジメント機能で、迅速かつ的確に学内研究者チームの編成作業を行うとともに、産官の関係機関とのマッチングを行い、対話と調整を促進します。

 

このページの先頭へ