3月15日(木)、コロラド州立大学(アメリカ)で日本語を学習している学生4名が、本学の徳田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

 本学とコロラド州立大学は国際交流協定を締結しており、本学の教育学部を中心に、交流が盛んです。

 今回、訪問した学生は、平成30年3月12日から3月19日までの8日間、教育学部の「短期交流学生受入プログラム」に参加し、附属坂出中学校の見学や茶道体験、文化施設への訪問などを行います。

 当日は、徳田インターナショナルオフィス長をはじめ、高水講師、町原教員、教育学部高木教授、佐藤教授、及び長竹国際グループリーダーが出迎えました。

 学生は皆、日頃の学習成果を活かして流暢な日本語で紹介を行い、和やかな雰囲気の中、歓談しました。

このページの先頭へ