2月8日(木)、中国科技大学長一行5名が本学学長を表敬訪問しました。

 中国科技大学は、台湾に2ヶ所(台北文山・新竹湖口)のキャンパスを有し、専門の理論知識と産業実践モデルを融合した教育を通して、産学連携を設立し、専門知識と実践力のある人材を育成する大学です。

 今回の来訪は、観光に関する分野における、香川県と中国科技大学との間での更なる交流拡大を目指したものであり、香川県国際課からの紹介により実施されました。

 当日は、まず筧学長はじめ、徳田副学長、ロン留学生センター長、荒川工学部教授が出迎え、両大学間における将来の連携可能性について話し合われました。

 教員を交えての歓談、意見交換では、経済学部から長山副学部長、古川教授、張准教授が加わり、今後の交流方策について、学生交流(長期、短期)、研究者交流等多様な観点から具体的な意見交換が行われました。

 この訪問を機に、更なる教職員、学生交流などが推進されることが期待されます。

このページの先頭へ