12月11日(月)、Dr. Akkharawit Kanjana-Opasタイ王国・国家科学技術・イノベーション政策局副事務総長をはじめ、総勢11名の研究者グループがインターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

 一行は、食品フレーバー科学に関する研究を行っているグループで、現在、本学農学部の同分野において、共同で研究を行っています。

 当日は、徳田インターナショナルオフィス長をはじめ、ロン副オフィス長、田村農学教授、及び長竹国際グループリーダーが出迎えました。

 約30分の歓談と意見交換では、先方からの研究内容紹介に加え、本学の希少糖研究に関する紹介も行われました。

 短い時間でしたが、本学の希少糖に関する話題について熱心に耳を傾けており、今後の発展した関係作りが期待されます。

このページの先頭へ