4月3日(水)、香川大学幸町キャンパスにおいて、平成31年度入学式を執り行いました。

大学院入学式が午前9時からOLIVE SQUARE 多目的ホールにおいて行われ、学長から「真理の追究、すなわちscienceを探求するということは、artを駆使して神の領域に近づく行為と言える。常に畏怖の念をもって誠実に真理を追究していただきたい。」との告辞がありました。
新入生の内訳は、教育学研究科38名、法学研究科6名、経済学研究科5名、医学系研究科54名、工学研究科105名、農学研究科53名、地域マネジメント研究科33名の計294名です。

引き続いて、学部入学式が午前10時から講堂において行われ、学長から、「積極的に色々なコミュニティに参加し、求められる役割を果たしながら様々な人たちとの出会いを楽しんで欲しい。また、人工知能には真似の出来ない感性、知性、理性を身につけて欲しい。」との告辞がありました。
教育学部4年 橋本優佳さんから、新入生へ向けて歓迎の辞があった他、「新入生未来宣言」と題し、入学式前のオリエンテーションで記入した新入生各人の人生や大学生活における目標と、その目標を実現するために取り組むべく課題を、入学式の中で上映しました。
また、学長自らの指揮に合わせ、新入生も一緒に学歌を斉唱しました。
新入生の内訳は、教育学部168名、法学部169名、経済学部257名、医学部194名、創造工学部339名、農学部152名、編入学42名の計1,321名です。

真新しいスーツ姿の新入生は、やや緊張した面持ちで、これからはじまる大学生活への期待を胸に、学長や在学生代表のお祝いの言葉に耳を傾けていました。

平成31年度香川大学入学式 学長告辞はこちらからご覧いただけます。
平成31年度香川大学大学院入学式 学長告辞はこちらからご覧いただけます。


このページの先頭へ