2月19日(月)に、平成29年度学生支援プロジェクト事業最終報告会を開催しました。

 学生支援プロジェクト事業は、学生の自主性、積極性、創造性等を高め、学生生活の活性・充実に資する活動を支援するためのもので、「香大生の夢チャレンジプロジェクト事業」と「ものっそ香大★チャレンジプログラム」の2事業にて構成されています。

 今年度で12年目を迎える「香大生の夢チャレンジプロジェクト」は、大学や地域の発展に貢献することを目的に、魅力的・独創的なプロジェクト事業に対し、経費を配分するものです。平成29年度は、13件が採択されています。

 一方、今年度よりスタートした「ものっそ香大★チャレンジプログラム」は、地域社会で求められる人材を育成するために、学生のチャレンジ精神を刺激する機会を増やすことを目的に、各年度において設定されたテーマに対して提案された魅力的・独創的なプログラムに対し、経費を配分するものです。

 最終報告会では、各プロジェクトチームから、一年間を通じて実施したプロジェクトの成果や苦心談、実施する中で学んだこと、また、今後の改善点や抱負などについて、プレゼンテーションが行われ、発表後には、教職員や他のプロジェクトに参加する学生から各チームへの質疑応答や助言が行われました。


 多くのチームから事業継続への強い意欲と意志が感じられ、今後のさらなる飛躍が期待できる報告会となりました。

 

このページの先頭へ