12月9日(土)、香川大学東かがわサテライトオフィス事業の一環として、東かがわ市交流プラザにおいて、「みんなで楽しむ音楽会 どきどきコンサート」を開催しました。
 このコンサートは、子どもとその保護者を対象としたもので、当日は約180人が来場し、教育学部の青山夕夏教授の監修のもと、モーツァルト作曲の『魔笛』を音楽劇で披露しました。『魔笛』は、世界中で親しまれ、現在でも最も人気のあるオペラの一つで、‘魔法の笛’の不思議な力でお姫様を救い、試練を乗り越える王子の物語には、夜の女王や陽気なパパゲーノ達も登場し楽しい音楽劇となりました。
 また、開演前にもロビーやステージでクリスマス・コンサートも開催され、赤鼻のトナカイ、きよしこの夜など様々なクリスマスにまつわる曲が演奏され、子どもたちにも大変好評でした。
 
 来場者からは、「子どもと一緒に見られてよかった」「劇も一緒だったので楽しく見ることができた」などの感想が寄せられました。



このページの先頭へ