研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 助教 山口 堅三

専門分野
微小光学,微小電気機械システム
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
物理学P,光材料物性

自己紹介・研究紹介

●マイクロ・ナノ光デバイスに関する研究
 金塊と金微粒子、どちらが欲しい?と聞かれると、金塊と答える人が多いと思います。しかし、金微粒子が最先端の科学技術と結びつくことで、手のひらサイズのスーパーコンピュータや非常に高感度な光センサ、または透明人間などを実現できるとなるとどうでしょうか。
 人の目に見える光の波長(可視光線)は、380~780 nmです。通常、光は波長の大きさよりも小さなところには存在できません。しかし、金などの自由電子を有する金属微粒子に光が当たると、このような存在しえない場所で光を取り扱うことができます。現在、この技術を用い、マイクロやナノサイズの動く光素子の研究開発を行っています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 先端マテリアル科学コースでは、これまで別々に習っていた数学や物理、化学、生物の枠組みを取り外し、組み合わせからなるという自然科学の面白さを実感できる場です。また、その中で好奇心や探求心を持ち続ければ、困難な場面に直面しても自ずと解決でき、新たな発見に繋がることが期待されます。我々教員一同は、一人一人の学ぶ力を伸ばし、きめ細かくサポートしていきます。
 さぁ、本コースで共に学び、人生を、世界を大きく変えませんか。皆さんと一緒に研究できる日を楽しみにしています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~kenzo/
E-mailアドレス kenzo[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。