研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 倉石 文雄

専門分野
陶芸、立体表現,インスタレーション,地域活動
主担当コース
造形・メディアデザインコース
担当科目
立体表現基礎演習A・B,地域活動

自己紹介・研究紹介

■生年月日
昭和33年(1958年)11月25日生まれ 
■出身地
新潟県 上越市(直江津)生まれ
1980年 文教大学教育学部美術専修を卒業
     同年陶芸家、里中英人の助手となる。
1982年 茨城県笠間市で陶芸家として独立
     陶芸展などで幾つかの受賞暦
1988年 現代日本の陶芸家15人に選出され、その後はそれに準じた活動  
     経歴を積む。
1991年 香川大学に採用 香川を中心に活動を続けている。

■研究室紹介
・陶芸を基礎から学び、高度な制作活動ができる、香川県内では唯一の公的な施設。
・アート制作、アート活動ができる。
 特に立体造形を中心に、インスタレーションが学べる。
・地域活動の場が充実している。飾りではない、本当の地域活動を通して
 コミュニケーション能力や地域活動のイロハを学ぶ。
・研究室はチームだ。多くの人数は必要ない。
 少人数精鋭で実質的で高度な活動を目指す。


Message
-受験生の皆さんへ-

■大学って何? 
日本の大学には2種類ある。
Aタイプは、研究拠点としての大学。Bタイプは・地域活性化の拠点としての大学
✳香川大学はBのタイプ 、まずそれを踏まえる。

■偏差値、曖昧な大学印象で大学を選ぶのはナンセンス
    自分が学びたい分野を明確にして学部、学科を決定する。  
    自分の勉強したい分野や担当する教員を探しHP,FBなどから情報を入手する。
    どこの大学にも良い先生悪い先生はいる。良い先生を探す。
    大学では、3年ごろからゼミ形式をとり、一定の学問分野を研究する 
 希望の先生のゼミに行けるかで大学の面白さは決定する。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ https://www.facebook.com/fumio.kuraishi?ref=tn_tnmn
E-mailアドレス kuraishi[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。