研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 建築・都市環境コース > 紀伊研究室[都市計画、社会基盤、持続可能性]

紀伊研究室

キーワード
都市計画、社会基盤、持続可能性

 世界では人口の約半数、日本では約9割の人々が都市に住んでいます。紀伊研究室では、持続可能でよりよい暮らしを実現するための、社会基盤施設や都市の計画、政策を研究しています。
 「よりよい暮らし」の在り方は多様で、また社会と環境の状況や動態も都市によって様々です。私たちの暮らしには、様々な要因が影響しますが、都市や社会、環境の仕組みを幅広く考察し、よりよい暮らしを実現する方法を考えることは、国際連合の持続可能な開発目標の一つにも取り上げられており、世界的にも意義があります。
 計画や政策の評価にはエビデンス(証拠)が必要です。当研究室では様々な統計データや空間情報などを使った都市の分析にも取り組んでいます。様々なデータを使って、人間の活動を都市のスケールで分析すると、今まで見えなかったり気づかなかったりした私たちの生活の多様な側面を知ることができます。

kii1.png
▶夜間光データに基づく都心部の把握

kii2.png
▶交通シミュレーション