研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 先端マテリアル科学コース > 掛川研究室[生体材料、環境科学、複合機能性材料]

掛川研究室

キーワード
生体材料、環境科学、複合機能性材料

 地球46億年の歴史における生命の起源となっている化学進化をたどり、そこから発想した化粧品、医薬部外品、防錆塗料や防錆コンクリート等に有効利用できる機能性物質の開発とその実用化は、重要な研究です。環境と生命現象を1つのフィールドととらえ、多くの分野での様々な研究課題に取り組める魅力的な研究を実施しています。
 これまでの研究で見出されたILGは、日本化粧品工業連合会の『日本化粧品成分表示名称事典』に収載された後、エストフェ・アンミュー化粧品及びそのOEM製品であるイル・ジー・ビー化粧品の機能性成分として応用され、現在、市場展開中です。 

kakegawa1.PNG

▶エストフェ・An-miu(アンミュー)化粧品

kakegawa2.png
▶ルディア・ILG-b(イル・ジー・ビー)化粧品