研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 先端マテリアル科学コース > 若林研究室[トライボロジー(摩擦学)、潤滑油]

若林研究室

キーワード
トライボロジー(摩擦学)、潤滑油

 若林研究室では、トライボロジーをベースにして、自動車などの円滑な運転に不可欠な潤滑技術の高度化と環境に優しい潤滑剤に関する研究開発を行っています。
 さらに、ものづくり工程での環境への負荷をいかに低減させるかは大きな課題であり、環境に優しく、かつ生産性に優れた高能率製造システムの実現が望まれています。
 そこで、製造プロセスとして切削加工を取り上げ、切削油の量を極限にまで低減させたMQL*方式に代表されるニアドライ加工について検討しています。
*Minimal Quantity Lubrication (極微量潤滑油供給)

wakabayashi.jpg