研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 造形・メディアデザインコース > 荒川研究室[最適化、デザインインフォマティクス]

荒川研究室

キーワード
最適化、デザインインフォマティクス

 近年、ものづくりの現場では、CAEと言ってコンピュータを利用してより良い製品をより短い期間で開発する様になっています。その中心には、最適化と言う技術があります。最適化を上手に使うと、人工知能のエンジンになったり、ノウハウの伝承につながったり、マーケティングにつながったりします。ことづくりにも役立ちます。
 身の回りの情報とインフォマティクスを駆使して様々なデザインをしてみましょう。

arakawa1-1.png
▶モーターの有限要素法のモデル

arakawa2-1.jpg
▶2011年、WCSMO9(最適化関連)の国際会議(@静岡)にゼミ生8名と参加