研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 造形・メディアデザインコース > 佛圓研究室[システムデザイン、自動車工学、制御工学]

佛圓研究室

キーワード
システムデザイン、自動車工学、制御工学

 30年後のモビリティ社会を俯瞰して、その時代へシームレスに移行していくために必要な要件を探るため、現在盛んに研究されているクルマの自動運転技術を取り上げて研究していきます。自動化の目的が「ドライバレス」を指向しているトレンドに対して、佛圓研究室では、自動運転技術をヒューマンセンタードデザインの視点から再構成することによって、自動運転技術が備えるべき乗員の快適性や運転することによる心の高揚やワクワク感について研究します。
 「プロダクトデザインと人間社会の調和」というビジョンを掲げ、20年後、30年後の社会では当たり前で、今では思ってもいないようなイノベーションを起こす種を探し、播き、育てていきます。

butsuen1-1.png
▶デザイン思考の考え方とは

butsuen2.png
▶人-車統合システムモデルを図式化