香川大学では、ドイツ連邦共和国のフラウンホーファー研究所が中心となって進めているGRANITEプロ ジェクトと共同で、日独の企業・研究機関・自治体等の交流を促進するため、標記ミーティングを開催 いたします。 今回は、第一にGRANITEプロジェクトについて知り、そして研究者や企業の方々とのネットワークを作ることを目的としており、共同事業等、今後の展開に繋げるための情報交換の場として開催いたします。 このプロジェクトにご興味のある企業の方々のご参加をお待ちしています。交流会を含めて参加は無料 です。
日時:令和1年10月10日(木)13:00~17:30
場所:香川大学創造工学部(高松市林町2217番地20)1号館11階ラウンジ
次第:
13:00-13:15  開会挨拶
13:15-14:30  ドイツ側からのGRANITEプロジェクト説明(質疑応答) ドイツ側にはGRANITEプロジェクトについての紹介をお願いしています。また、プロジェ クトの中心となっているフラウンホーファー研究所についても紹介していただきます。
14:30-14:45  休憩
14:45-16:00  日本側のプロジェクト説明(質疑応答) 香川大学創造工学部からは工学系の研究概要(地域連携型研究、医工連携など)や 海外インターンシップなどの紹介をします。 また、高松市のご担当者にスマートシティ構想について紹介していただきます。 GRANITEプロジェクトにご興味のある企業からのご発表もお願いしています。
16:00-16:30   意見交換(パネルディスカッション)
16:30-16:35   閉会挨拶
16:35-17:30   交流会(軽食、飲み物付き)
●ミーティングは英語でのものになりますが、発表のアブストラクトを用意し、それを日本語訳をつけるように準備します。また、スライドの説明や進行においても日本語での通訳を適宜行う等対応します。


GRANITEプロジェクトとは:
ドイツ連邦教育研究省(BMBF)は、日本、フランス、アメリカを対象として、2019年6月から研究マーケティングキャンペーン “The Future of Work”を開始し、10のプロジェクトを立ち上げました。このうち、GRANITE (German Research Ambassadors Network for Industrial Technology Endeavors) は、ドイツと日本の企業・研究者・自治体等のネットワーク形成を通して、主と してIoT分野における応用研究や技術活用の持続可能な日独のネットワークを創り、共同研究・開発や技術移転の促進をする ことを目的としています。

詳しくはこちらをご覧ください。

【お問い合わせ先】
香川大学法人香川大学教育・学生支援室 国際グループ 篠原
TEL:087-832-1178
FAX:087-832-1192

このページの先頭へ