学部長メッセージ

教育学部長 毛利猛 毛利 猛
専門分野:臨床教育学

香川大学教育学部のカリキュラムには、実践的に学ぶことを重視しているという特色があります。教育学部の学生たちは、入学時から学校の内外での体験・実習活動とその省察を行いながら、教職に関する理解を深め、実践的指導力を高めていきます。さらにもう一つ、学生生活の充実と人間的な成長をもたらしているものを挙げれば、コースや領域を単位とする学生研究室の活動があります。豊かな学生文化がここで先輩から後輩へと引き継がれています。香川大学教育学部は、教師になりたい人が、仲間と切磋琢磨しながら大学4年間の学びを通して成長していくことを、全力で後押しします。

学生の声

中桐 宗一郎
(幼児教育コース)

中桐 宗一郎


僕は子どもと関わることが好きで、子どもの健やかな成長を支えたいと思ったので、幼児教育コースに入りました。入る前は女子ばかりなのが不安でしたが、今は親しみやすい仲間たちと一緒に、忙しくも充実した大学生活を送っています。昔は珍しかった男性保育者も、だんだん増えてきているし、走り回ったり、戦いごっこをしたりなど、全力な子どもたちの遊びに入り込める強みが、男性保育者にはあります。ぜひ幼児教育コースに来て一緒に勉強しましょう!

増田 えり奈
(幼児教育コース)

増田 えり奈


幼児教育コースでは、乳幼児の心理や発達、模擬保育やおもちゃ作りなど専門的なことを多く学びます。そして、実習や参観を通して実際に子どもたちと関わり、学びを深めていくことができます。さらに授業以外でも未来からの留学生、小豆島でのイベントなど学生が主体となる経験を通して、仲間とともに成長していくことができとても楽しいです。このような様々な学びを通して、自分が目指す保育・幼児教育について真剣に向き合っていくことができます。

福家 みさと
(教育課題探究分野)

福家 みさと


私は、児童の人間形成に大きく関わりながら共に育つことができる、地域に根ざした教員を目指し、小学校教育コースを選択しました。教科教育や学級経営などの授業はもちろん、地域の小学校との繋がりが強い本コースは子どもと関わる機会が非常に充実しています。実際に子どもの心理や発達、好奇心などに触れ、対話しようとすることで、授業の学習内容を体験を通して理解したり、子ども理解を深めたり、自分が学ぶべきことを再認識できたりしています。

瀧本 茜
(特別支援教育分野)

瀧本 茜


私は心身に障害がある児童、生徒が学ぶ特別支援学校の教員及び小・中学校での特別支援教育を担う教員を養成する特別支援教育領域で学んでいます。各教科や障害種に対応する専門性と、長期的な展望と広い視野で子どもの成長発達を考える力を身に着けることができます。また、「ちびっこ教室」という特別支援教育研究室の学生が主体となって行っているボランティア活動では子どもたちやその保護者と関わりながら、実践的な経験を積むことができます。

佐藤 葵
(英語領域)

佐藤 葵


香川大学教育学部の魅力は、授業、教育実習、採用試験準備等、あらゆる場面で先生方や仲間と共に切磋琢磨しながら取り組めることです。チームで様々なことにチャレンジできるこの居場所があったからこそ、留学経験が無いまま英語教員を志す私の不安が自信に変わりました。4年間の大学生活を通して、私は、本学部で培った「チーム」の力が自分の糧、財産になったと感じています。香川大学教育学部で素敵な学生生活を送ってください。

二宮 翔
(数学領域)

二宮 翔


私は数学研究室に所属しています。数学研究室では専門知識を身に付けるだけでなく、子供に数学を分かりやすく教える方法を考えたり、実際に授業を行い同じ研究室の仲間と評価し合ったりして教師力を磨くために日々学んでいます。また数学以外の授業では、授業の進め方や子供と教師それぞれの視点に立つことなど、今まで知らなかった分野の知識を得ることができます。毎日新しい発見をしながら同じ夢を持つ仲間と学びあい良い環境で教職を目指すことができます。

教育学部カテゴリ一覧


学部ホームページへ

このページの先頭へ