6月21日(火)の昼休みに、幸町北キャンパス大学会館入り口付近で自転車盗難被害防止キャンペーンを行いました。

このキャンペーン活動は、安全で安心な地域づくりに貢献するために結成されたボランティア団体「さぬきヤンボラ守るんジャー」の本学所属のメンバーが高松北警察署の呼びかけに応じて実施したものです。

キャンペーンには「さぬきヤンボラ守るんジャー」のメンバー15名が参加し、学生達に自転車の盗難を防止するために、自転車から離れるときには必ず施錠するよう、またできるだけ二重ロックを行うよう、チラシやティッシュペーパーなどを配布しながら呼びかけました。

このページの先頭へ