平成29年4月24日に文部科学省へ新学部・新学科の設置及び改組について、設置計画書等を提出しました。同日、本学で記者発表を行いました。
会見の冒頭で、長尾学長よりこれまでの検討経過、大学改革の基本方針等の説明があり、地域の若者に是非本学で学修し、地域に残り地域を活性化する人材として活躍してほしいと説明がありました。筧善行理事(研究・評価担当)から創造工学部、医学部臨床心理学科の新設について、清水明理事(企画戦略・特命担当)から経済学部の改組、また片岡郁雄農学研究科長から農学研究科の改組について、それぞれ概要、教育目的、養成する人材像、カリキュラムの特徴等に関する説明を行いました。
参加した報道機関の記者からは、教育内容等に関する多くの質問があり、新学部・新学科の新設、改組をはじめとする大学改革に対する関心の高さが伺えました。

※本大学改革構想は、文部科学省の大学設置・学校法人審議会による審査との関係で、変更することもあり得ます。

このページの先頭へ