9月26日(火)、平成29年度香川大学事務職員海外研修で、学術交流協定校である台湾の国立嘉義大学とタイ王国のチェンマイ大学にそれぞれ派遣されていた職員2名が、学長へ研修の実施報告を行いました。
この研修は、8月中旬~9月中旬にかけて、学術交流協定校を訪問し、国際交流業務について学び、現地の教職員・学生と交流を図ることを目的に実施され、学内の語学研修修了者を対象に今年度から始まったものです。
職員から、研修の機会をいただいた御礼と、協定校での業務内容、海外の大学の状況などについて報告があり、学長からは、現地で学んだ経験を今後の業務に活かして欲しいとの激励の言葉がありました。

研修参加者

経営管理室給与福利グループ グループ員 山田 千絵

(派遣先:国立嘉義大学 8/28~9/22)

経営管理室人事グループ グループ員 三好 菜月

(派遣先:チェンマイ大学 8/21~9/15)

このページの先頭へ