教育、研究や大学運営などについて社会への説明責任が求められる一方、少子化による大学進学人口の減少の中で進学希望者を安定的に確保していくため大学ブランドの確立が求められています。
このような状況下で、本学教職員の広報マインドの醸成を図るため、7月4日(火)、有限会社プリズム代表取締役 妹尾浩二氏を講師にお招きし「「学生が集まる」「評判が高まる」大学ブランディングのための広報戦略」と題し、講演会を実施しました。

講演では、外部から見た本学のイメージや広報活動の現状についてご指摘いただき、記事に成りやすいプレスリリースの作成方法など具体例を用いながら説明いただきました。
参加者は情報とメッセージをタイムリーかつ効果的に発信し、大学のブランド価値を高め理解者・応援者・入学志願者を増やすための広報PR戦略について学ぶことができました。

このページの先頭へ