11月29日(火)、平成23年度第3回インターナショナルオフィスFD・SDワークショップを開催しました。 場所は幸町キャンパス第一会議室の他、工学部キャンパスから遠隔会議システムを使用して実施され、本学教職員約20名の参加がありました。

ワークショップでは高水インターナショナルオフィス講師による「国際教育・研究・交流における香川大学と地域との連携」について概要説明の後、飯田インターナショナルオフィス副オフィス長から「国際的な研究交流の活性化に向けて」、またロンインターナショナル副オフィス長から「留学生センターにおける教育・交流・連携の取り組み」の発表がありました。

発表に引き続いての質疑応答、意見交換では、地域貢献を意識した国際交流について活発な意見交換がなされ、インターナショナルオフィスに対する要望や具体的な提案なども出され、今後国際交流を推進していくための貴重な意見交換の場となりました。

このページの先頭へ