平成29年10月10日(火)に、香川大学農学部において、日本の食の安全特別コース第9期生7名(メキシコ1名、マレーシア1名、中国2名、インドネシア1名、フィリピン1名、ベトナム1名)の入学式が執り行われました。

日本の食の安全人材育成プログラムは、香川大学において「日本の食の安全」の観点から食品企業とコンソーシアムを形成し、作物の育成・収穫から加工・流通・販売に至るまで総合的に食の安全に必要な能力を身につけた人材の育成、高い日本語能力を有し、かつ日本文化を正しく理解した国際人、そして経営感覚を身につけ、将来企業幹部となりうるグローバル人材を育成するものです。
 
筧学長より歓迎の辞が述べられた後、ご来賓を代表し、四国経済産業局地域経済部次長 久保 啓二様とテーブルマーク(株)原山千枝様より、お祝いの辞をいただきました。

最後に入学生を代表して、フィリピン出身のタンゾ ジェシカ メイ ヘルナンデスさんが流暢な日本語でこれからの学生生活への意気込みを宣誓しました。

このページの先頭へ