8月22月(火)、本学農学部で実施する「食品の安全・機能解析教育に関する東南アジア等の大学間体験学習型プログラム」に参加する、台湾・カンボジア・中国・インドネシア・フィリピン・タイ・マレーシア・ベトナム・ブラジル・トルコ・アメリカ・イギリス・ブルネイにある海外協定校等に在籍する外国人学生25名が、徳田インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

当日は、徳田インターナショナルオフィス長をはじめ、インターナショナルオフィスより野田客員教授、塩井講師、植村特命講師授及び農学部より川村教授、ルーツ准教授が出迎え、徳田インターナショナルオフィス長の歓迎の挨拶の後、その後、教職員と学生に自己紹介や歓談が行われました。

このプログラムは、毎年、独立行政法人日本学生支援機構の支援を受けて、本学農学部において実施しているもので、今年度は、8月21日から9月22日までの約1か月の日程となります。そこで、学生たちは、日本語初級授業、食品安全分析の授業や実習参加、食品工場でのインターンシップ、さぬきうどん製造実習の他、茶道、浴衣着付け、ホームステイなど日本や香川の文化を体験し、食品の安全等に関する知識を得るだけでなく、日本文化について理解を深める予定です。

このページの先頭へ