8月21日(月)、サンポートホール高松にて香川県主催の「未来をつくるリケジョフェスタinかがわ」に参加しました。このイベントは、科学技術・学術分野における男女共同参画を推進するため、女子中高生及び保護者等を対象に、理工系分野の進路選択や理工系職業への興味や関心、理解を高めることを目的にしています。
女子中高生が自由に質問したり話ができる10人のロールモデルのうちに本学農学部の教授や本学卒業生が含まれ、それぞれの分野の女性研究者として対応しました。
また、ロビーでの展示には県内の大学等が紹介パネルを展示し、本学からは3枚のパネルを出展しました。女性研究者2名の研究テーマ紹介や理系学部所属の在学生からのメッセージを載せたパネルのほか、女性が活躍できる大学作りを推進している支援体制を紹介したパネル、2018年4月に新設される創造工学部のパネルを展示しました。ロールモデルとしても参加した、県内メーカーでエンジニアをしている卒業生には、研究成果である分光器も展示して頂きました。来場された未来のリケジョたちは熱心にパネルを見ながら、色々な質問をしていました。

このページの先頭へ