1月25日(水)「くまもとから感謝をプロジェクト!at 香川大学」を開催しました!

このプロジェクトは、くまモンが全国各地を訪問し、熊本地震に対してご支援いただいた方々へ「ありがとう」と「くまもとは元気です」を伝えることを目的とされています。

会場に集まった教員、学生の元気な掛け声で「くまモン」が登場し始まりました。筧理事とくまモンの名刺交換、熊本県くまもとブランド推進課の上野審議員様から挨拶の後、くまモンから筧理事に色紙の贈呈がありました。熊本県にいち早く現地入りして熊本大学と連携して教育研究支援を行なってきた白木危機管理先端教育研究センター長をはじめスタッフのみなさん、熊本県内でボランティア活動に参加した香川大学防災サポートチームの学生とくまモンの熱いハグが交わされました。引き続き、香川大学教育学部附属高松小学校3年白組32名の児童によるくまモン体操が披露されました。熊本地震以来、熊本の復興に向けて香川に住む小学生なりに何かできないかと考え、被災地の様子を写真や様々な情報で知って話し合ったり、附属学園の仲間として熊本大学教育学部の附属学園への募金に参加したりしました。去年の8月に開催された「第5回うどん県書道パフォーマンス大会」の昼休みのアトラクションで「くまモン体操」の音楽に合わせて歌ったり踊ったりしながら熊本を応援するメッセージを送るキッズ書道パフォーマンスを行い、観覧された方に募金を呼びかける活動も併せて行いました。

最後に、筧理事からお礼の言葉があり、参加者で記念撮影を行いました。自主的に募金活動を呼びかけた司会の教育学部2年生の菅谷美奈海さんから熊本地震で被害にあわれた方々と被災地の1日も早い復興を心よりお祈りいたしますと締めくくられました。

このページの先頭へ